九州オートバイ事業共同組合からのお知らせ

2019年8月28日
AJ九州 バイクの日表敬訪問

8月21日水曜日、松岡泰雄理事長・志原住弘副理事長・原田將弘理事の3人が福岡県警察本部本部長高木勇人(たかぎ はやと)警視監をバイクの日表敬訪問で訪れました。
9階本部長室での面談には福岡県警察本部交通部参事官兼交通企画課長渡邊恵二警視にも同席して頂きました。

全国オートバイ協同組合連合会の活動内容、九州オートバイ事業協同組合の活動地域と活動内容、普通免許で125ccまでの原付二種まで乗れるようになると交通の流れが今よりスムーズになること、二輪車の優位性、内燃機関で動く二輪車の存在意義、G防犯の取り組み開始、それぞれを説明しました。

高木勇人本部長からは、福岡県の交通事故件数が一昨年に続き昨年も大きく減少したこと、福岡県警は自転車ではなく二輪車でのパトロールと決まっているので、新規採用の警察官は警察学校在校中に小型二輪免許取得義務があること、二輪車に乗った経験が無いがトライクには跨った事、等々の話をして頂きました。

「安全安心な福岡県」を目指す高木勇人福岡県警察本部長に
「福岡県警察本部長のお仕事は大変でしょう?」
とお尋ねすると、
「九州を二輪車ライダーのディズニーランドにして安全安心なツーリングエリアを実現するのがAJ九州の目指す北極星です。」との説明をご記憶頂いていたのか、
「松岡さんこそ、福岡県はもちろん九州だから尚更大変でしょう。」と気遣って頂きました。
高木勇人本部長の優しいお人柄が伝わりました。

高木勇人本部長とは来年の再会をお願いして、握手とハグで別れを告げ、渡邊恵二交通企画課長と一緒に、1階ロビーで記念撮影をしました。